必見!期間工の求人をお探しのあなたに

TOP > 期間工の求人について > 期間工の採用条件や待遇などについて知っておきたいこと

期間工の採用条件や待遇などについて知っておきたいこと

期間工の仕事は給料が良いなどの魅力があるため、求人を探している人も多いでしょう。
しかし、初めて期間工の求人に申し込む場合は、採用条件や待遇、そし暮らしなどがどのようになるのかということが分からないため、そのことについてまず知っておくことが重要でしょう。
最初に、期間工の採用条件に関しては、学歴や経験が不問とされるケースが多いため、ほとんどの人が採用してもらえると言えるでしょう。
ただし、健康状態に問題がある場合や、年齢が40代以上の場合などは不採用になってしまうケースもあると言われています。
また、求人数に対して応募数が多くて競争率が高くなってしまった場合も、不採用になる人が出てくると言えるでしょう。
しかし期間工の面接は、採用することを前提に行われているため、身体が健康で20代~30代の人であれば概ね問題なく採用されると言えます。


次に待遇面に関しては、年収は250万円~450万円程度が相場だと言われています。
これは一般的なサラリーマンの年収よりやや低めだと言えますが、学歴や経験が不問の仕事としては、かなり良い年収だと言えるでしょう。
そして期間工には、残業や夜勤がある場合も多いため、残業手当や深夜手当がついて更に月収をアップさせることができます。
中小企業ではよくサービス残業がありますが、期間工の場合はちゃんと手当がつくため、働いたら働いた分だけお金を貰う事ができるので、その点は安心してよいでしょう。
さらに遠方から働きに来る場合は、寮に住むことができますが、その寮費や水道光熱費はタダになるケースが多くあるため、生活費を大幅に節約することができます。
それに寮費等がかかる場合でも、1万円以下などの安い金額で済む場合が多いため、生活費はかなり抑えられると言えるでしょう。


最後に期間工として働くときの暮らしに関しては、まず寮へ入る場合は、シャンプーや石鹸、そしてコップや皿といったちょっとした食器などを持参するとよいでしょう。
後で買うこともできますが、あらかじめ持っていった方が何かと便利だと言えます。
そして通勤に関しては、寮から通勤するというケースが多いと言えますが、職場となる工場が自宅の近くにある人の場合は自宅からの通勤になります。
寮は、職場まで徒歩で行ける範囲にあることが多いため、通勤にはそれほど時間はかからないと言えるでしょう。
しかし自宅から通う場合は、バスや自分の車などで通勤することになると言えます。
また、年末年始やゴールデンウイークといった休暇期間に関しては、年3回の休暇を取れるケースが多いため、その休暇を使って実家へ里帰りしたり好きな場所へ旅行に行くことも可能だと言えるでしょう。

TOPへ