必見!期間工の求人をお探しのあなたに

TOP > 期間工の求人について > 期間工の求人で働いてみようと考える

期間工の求人で働いてみようと考える

期間工の求人。
期間工というのは、いわゆる契約社員の一種であり、正社員のような無期契約の社員ではありません。
つまり就労開始日と就労満了日が最初から決まっていますので、この期間のみ仕事をしなければなりません。
主に、自動車製造工場や電子部品製造工場で製造組み立てラインで配置された所で組み立て作業を行います。
この組み立て作業は、難しいスキルは要求されず至って単調で仕事のコツさえつかむことが出来てしまえば誰でも出来る仕事ですので、いち早く仕事にさえ慣れてしまえば比較的楽な仕事であるといえます。
勤務時間も工場によってまちまちであり、日勤の所もあれば二交代制であったり三交代制であったりします。
交代勤務では夜勤がありますので、この夜勤手当があるせいか、月々の給料は高くなり地方都市の自分と同年代よりもらっているケースもあります。


では、何故このような契約形態を導入しているかと言いますと、単純に企業が人件費を削りたいからです。
製造工場は、生産の波がありますので忙しいときは猫の手も借りたいほどになりますが、閑散としている時は製造ラインが止まっている事もあります。
この止まっている時も人件費が発生してしまいますので、製造ラインが止まっている時だけ人員を減らしたいと企業側が考えるようになり、その結果導入されたのが期間工です。
製造ラインが忙しいときは人員を増やすために期間工の人数を増やして忙しい時期を乗り切る。
逆に閑散としている時は、期間工と契約せず期間工の人数も減らす。
こうする事で閑散としている時期の人件費高騰を避ける事ができます。
このため、求人媒体を閲覧すると製造工場は期間工としてのスタッフを募集しているのが多い結果となっています。


では、雇われている側のメリットはといいますと最初から契約期間が決まっていますので、その期間だけ働きたいと考えている人には都合の良い事です。
まず、専業農家従事者にとりましては冬場の収入源として重宝されています。
多くは地元から離れて出稼ぎとして勤務する事になりますが、その時の住環境は予め企業側が用意してくれていますし、往復の交通費も企業側が支給してくれます。
つまり、働く側はほぼ手ぶらで出稼ぎ先に行くことができてしまいます。
因みに、最低限の電化製品も企業側が用意してくれていますので、出稼ぎ地に付いたらすぐに生活できてしまうというのも魅力です。
作業自体も簡単ですので、出稼ぎ場所としては都合の良い所であり、契約満了時には慰労金を支給するところもありますので至れり尽くせりの労働環境です。

次の記事へ

TOPへ