必見!期間工の求人をお探しのあなたに

TOP > 期間工の求人について > 期間工求人のメリットとデメリット

期間工求人のメリットとデメリット

期間工は給料がいいなどのメリットがあるため、求人に興味を持っている人も多いでしょう。
しかし実際にどんな働き方なのか分からずに躊躇している人もいるのではないでしょうか。
そもそも期間工というのは、文字通り働く期間が決まっている契約社員のことを言います。
よく似たものに派遣社員と呼ばれるものがあり、こちらは派遣会社に雇われた上で実際の職場へ派遣されるという働き方になります。
しかし契約社員は、工場を運営している企業と直接雇用契約を結ぶという働き方であるため、派遣社員とはその点が全く異なると言えるでしょう。
働く職場は、自動車や電子部品などを製造する工場が多く、その製造ラインでの作業がメインになると言えます。
そして求人に関しては、工場での生産が忙しくなる時期に合わせて募集が行われることが多くなり、地元だけでなく全国各地へ募集がかけられることが多いと言えるでしょう。


期間工のメリットに関しては、まず金銭面で優遇されているということが挙げられます。
年収は300万円以上になるのが普通であり、学歴や経験が不問の仕事としては高い給料が貰えると言えるでしょう。
そして中小企業などにありがちなサービス残業もなく、働いたら働いた分だけ貰えるというのもメリットだと言えます。
それに寮費や水道光熱費が無料というケースも多いため、生活費がかからないというメリットも大きいと言えるでしょう。
次に挙げられるメリットは、誰でも採用して貰えるということです。
18歳以上で健康な体であれば、ほぼ誰でも採用してもらうことが可能なため、学歴や経験などの条件により就職がなかなかできないという人にも向いていると言えるでしょう。
さらに、期間工の場合は上下関係などの人間関係に関しても、適度な距離で付き合うことができるというメリットがあります。


一方で期間工のデメリットに関しては、35ヵ月までしか続けて働くことができないということがまず挙げられます。
これは35ヵ月よりも長い期間雇用する場合は正社員に登用しなければならないという決まりがあるためです。
なので、その期間以降の仕事に関しては、働いている期間中にちゃんと考えておく必要があるでしょう。
次に挙げられるデメリットは、仕事やシフトがキツイということです。
同じ姿勢で同じ作業を繰り返すという場合も多く、身体に支障をきたすこともあるため、身体のケアはしっかりと行う必要があります。
そして、工場は24時間稼働している場合が多く、日勤と夜勤を交代で行うシフトになりやすいため、それに慣れるまでがキツイという場合があります。
さらに期間工という立場だと正社員と比べてローンが組みにくいといったデメリットもありますが、他の職種の契約社員の場合もそれは同じことなので、その点は割り切って考えることも必要でしょう。

次の記事へ

TOPへ