必見!期間工の求人をお探しのあなたに

TOP > 期間工の求人について > 期間工求人は両方とも得をする働き方

期間工求人は両方とも得をする働き方

期間工の求人。
企業側のメリットは、人員調整が簡単にできるという点です。
製造工場は、製造の波がありますので製造ラインがフル稼働の時は人員が足りなくなり、閑散期は余剰人員が出てしまいます。
この製造ラインのスタッフを期間工に変えることで、繁盛期と閑散期で上手い具合に人員が調整できます。
繁盛期だけ普段より多く雇い、閑散期は契約を更新しないか、初めから雇わないという策に出る事が出来ます。
そして、期間工ですので、契約満了時は慰労金として支払いますが、退職金ほど多く支給しませんのでこの金銭面での負担減も企業側にはメリットがありまするつまり、製造工場で期間工を多く雇っている理由としては、正社員みたいは簡単に解雇できないが、期間工の場合は契約満了時に契約更新しなければ良いので人員整理がしやすい。
また、コスト面でも正社員に支払う退職金みたいな大金を契約満了時に期間工には支払う必要がない。
以上のことから企業側にとって期間工を雇うというのは旨味があります。


続いて、雇われる側のメリット。
期間工は、契約社員の一種ですので正社員のような無期契約の働き方ではありません。
つまり、予め契約期間が決まっていますので、自分が働きたい期間だけ働けるという点が第一のメリットです。
次に、契約社員ではありますが待遇面ではほぼ正社員と同じです。
さらに、給料面でも基本給と各種手当を含めますと、地方都市の正社員より高くなることがあり、意外と稼げる仕事です。
ちなみに、地方都市の人が他の都市で期間工として勤務する場合は、現地までの往復の交通費と現地での住環境提供などのバックアップ体制も整っていますので、はじめて期間工として働く人も安心して働く事ができます。
そして、契約満了時には慰労金を支給する企業もあり、正社員登用している工場もあります。
このように、自分が働きたい期間だけ働けて意外と高給という点が働く側のメリットです。


期間工として働く人は、契約期間が決まっていますのでつなぎで働いている人が多いです。
まず多いのが専業農家従事者です。
特に冬場は農閑期で収入の当てがありませんので、冬場の収入源として期間工として働いているケースが多いです。
次に、地方都市で何処にも就職できなかった若者です。
特に正社員登用制度のある工場で働いているケースが多く、自分の頑張り次第では正社員になれますので働き口を求めて働いている事が多いです。
期間工に任される仕事自体が、至って単調で同じ作業の繰り返しの持ち場が多いです。
つまり、仕事のコツさえつかむことが出来てしまえば、誰でも長く働く事が出来てしまいます。
難しいスキルもありませんので、いかにして早く仕事に慣れるかという点がとても大事になります。
働いている人の年齢幅も広いですので、良い人間関係の構築もとても大事になります。

次の記事へ

TOPへ